ホーム>外壁塗装で失敗しないために>見積もり編

見積もり編

見積書の見方をご存知ですか?

見積書のみかた

見積書の書き方は、形式は決まっておらず業者によってバラバラなのが実情。
また、一見わかりやすい見積書でも、実は業者にとって都合のいいように書かれている場合もあり、注意が必要です。
失敗を未然に防ぐために、見積書に書かれている内容を読み解くポイントをご紹介します。

窓まで塗装するわけではありません

家まで塗装するわけではありません

塗装の見積りの数量は塗装面積です。窓などを含めた壁の面積、延床面積などとは違います。見積りの際に積算(数量の拾い出し)という作業を省くために少しでも簡易的な方法で見積もりをしようとする業者が少なくありません。

1平方メートル当たりに何キログラムの塗料を塗りつけるのか、各メーカーにて規定量が決まっています。これをきちんと守ろうとすると壁の塗装面積を算出する必要があります。

例えば、塗装面積が150㎡の場合、1缶で15㎡塗れる塗料があったとすると10缶必要となります。
これが塗装面積を算出していなければアバウトに「多分これくらいで足りると思う」という、いい加減な塗装面積になります。
これでは適正な膜厚(塗装の厚み)が確保できません。
延床面積が同じ大きさの建物でも1フロアの高さが違ったり、窓の多い少ないや面積の算出に根拠がある見積もりを出してもらうよう心掛けて下さい。
また、一つ一つの項目がきちんと明記されているかも確認してください。
営業マンが口頭で「塗ります、塗ります」と言って実際に職人さんに伝わっていないケースがよくありますのでご注意ください。

適正価格とは

使用する塗料の種類・グレードによって、価格は大幅に異なります。
面積と使用塗料があらかじめわかっていれば、適正価格が概算でも導き出せるはず。
きちんとした塗装業者なら、m2単価から塗料の数量を計算してくれます。

「施工一式」という表記のみで、塗料の種類や使用缶数が明記されていない場合などは注意が必要です。
その「一式」が何を指すのか事前に確認しておきましょう。

prevent

見積もりはすべて正確に出せるものではありません。
しかし、正しい塗装面積は決まっています。

当社では、他社の見積もりも拝見し、プロの視点からアドバイスします。詳しくは、セミナーで!

まずはお気軽にお問い合わせください !!
ページ上部へ