ホーム>外壁塗装で失敗しないために>塗料編

塗料編

やまおか君が教える外壁塗料のいろいろ

外壁にどの塗料が合うか

塗料の種類と特徴

塗料の種類は数多くありますが、まずは代表的な4種類について、その特徴を簡単にご紹介します。

アクリル塗料 ~もっとも手軽~

特徴
  • コストパフォーマンスが高い
  • 施工性が高い(外壁・内壁ともに幅広く使用可)
  • 水性タイプ・溶剤タイプなど種類が豊富
注意点
  • 耐用年数が短い
  • こまめなメンテナンス・塗り替えが必要
近く建て直しの予定がある場合、短期間に色を変えて楽しみたいケースにおすすめ

ウレタン塗料 ~幅広い用途~

特徴
  • 硬度・耐薬品性が高い
  • 外壁・木部・鉄部と用途の幅が広い
  • 塗膜に光沢があり、塗りやすい膜厚
注意点
  • 耐用年数が短く、変色の可能性あり
  • まめなメンテナンス・塗り替えが必要
用途が幅広く、アクリル塗料よりワンランク上

シリコン塗料 ~耐用年数に期待できる~

特徴
  • 弾力性(微弾性)が高い
  • 塗膜に光沢がある
注意点
  • 耐用年数は約10年
  • 弾力性は10年程度で劣化する
今後10年は建て替えの予定がなければ、シリコン塗料がおすすめ

フッ素塗料 ~長期の品質を求めるなら~

特徴
  • 光沢感、防汚性が高い(外壁や鉄部に用いられる)
  • 高価格帯のものが多い
  • 耐用年数がもっとも優れている(10~15年程度)
注意点
  • 塗膜が硬いため、建物にヒビが入った時に塗膜にもヒビが入る可能性がある
長期間塗り替えの予定がない建物(商業用ビルなど)に最適
塗料

上記4つが代表的な塗料です。
これらが各メーカー(大小20~30社)から販売されています。
塗料にはグレードがあり、1缶あたり数千円のものから 十万円を超えるものまであります。また、特殊な機能を持つ塗料も開発・販売されています。

ただ、「高い商品=良い商品」とは一概には言えません。
下地や立地条件、劣化度合いによって使用すべき塗料は異なります。

化粧品と同じで、肌に合わなければどんなに高価なものを使っても、よい成果は得られません。
お医者さんが患者さんを診て処方箋を書くように、これら多種多様な塗料の中から、最適な選択をするのも塗装業者の重要な仕事です。

オリジナルブランドの塗料

塗料業界の市場は、大手ペンキメーカー3社と中小ペンキメーカー50社が各社せめぎ合っているというのが実情。
どこも塗料メーカーとしての実績と信頼をかけて、長年にわたって研究開発を行っています。

最近、オリジナルブランドをうたった塗料が増えてきていますが、そういう状況だからこそ、オリジナルブランドの塗料も他の塗料と同様に、特徴や優位性などを見極める必要があります。

塗装技術

塗料技術

塗料が缶の中に入っている間はまだ「半製品」。
適切に塗装されてはじめて、商品としての価値が出てきます。
豊富な知識をもって適切な塗料を選び、優れた 「職人の技術」を駆使してこそ、建物に最適な外壁塗装が完成します。塗料の品質以上に、外壁塗装業者のたゆまぬ努力と研鑽が必要とされていることは言うまでもありません。

技術が足りないとこんな問題も・・・・・・
セメント瓦の一種である「モニエル瓦」の塗装には、非常に慎重さが必要とされます。
モニエル瓦専用の塗料もあるのですが、そういう塗料があることを知らない業者も多くいるようです。
さらにモニエル瓦は、下地処理のために何度も高圧洗浄やペーパーがけを行わねばならず、通常の外壁塗装よりも手間がかかります。
そういった知識や技術がないままに施工してしまうと、数年後に瓦がはがれてしまい、トラブルになることも多いのです。
prevent

ぜひ一度、セミナーに参加してください!
ここで紹介しきれなかったこと、その他、疑問に思われたことにもお答えします。

まずはお気軽にお問い合わせください !!
ページ上部へ